アビメディカル株式会社(平成20年1月4日、アビリット 医療環境事業部門分社化により設立)は、「人間の幸せを実現する企業」を目指す当社基本理念により、「身体の健康」に関わる初の研究成果として、平成14年7月より口臭測定器OralChromaTM(オーラルクロマ)を発売しています。

口臭で悩んでいる方は、日本国内において1千万人とも2千万人ともいわれていますが、現在臨床用として、性能面、価格面の両面を兼ね備えた適切な口臭測定器がないという現実を捉え、まず日本における標準の口臭測定器として貢献することを目的に、新潟大学大学院医歯学総合研究科宮崎秀夫教授(口腔健康科学)並びにエフアイエス株式会社の協力のもと開発した、ガス測定器です。
口臭測定器OralChromaTMは、ポータブルガスクロマトグラフィーです。既に歯科医院はもちろん、大学歯学部及び附属医療機関、環境工学会社、製薬会社、製乳・製菓会社などにも導入され高い評価をいただいています。
OralChromaTMは、口臭の主要原因である揮発性硫黄化合物(VSC)を『硫化水素』『メチルメルカプタン』『ジメチルサルファイド』の三つのガスに分離し、それぞれの濃度を測定表示します。口臭をガス別に測ることで口臭原因の確認に役立つのはもちろんのこと、処置に対する過程、結果を目で見ることができるため口臭に対するモチベーションが高まり、最終的には医院経営に貢献できるものと確信しています。
OralChromaTMはターゲットガスを3種類に限定することで、従来のガスクロマトグラフィーに比べて低価格・高性能・簡易操作を可能とした、ポータブルガスクロマトグラフィーです。

検知部に半導体ガスセンサーを使用することにより、従来のガスクロマトグラフィーで必要であったキャリアガスが不要となり、また数時間〜数日間必要としていた測定準備時間も OralChromaTMでは30分程度と大幅な時間短縮を実現しました。また、半導体ガスセンサー自体がガス成分に対して高感度で反応するため、従来のような濃縮装置等の複雑な装置を使用する必要もなくなりました。

これらの基本原理に加え、口臭測定に特化したシステム構成及び、主要部品のユニット化により、従来のガスクロマトグラフィーのように専門的な知識や技能を必要とせず、誰でも簡単に測定できます。

OralChromaTMは世界品質適合品です。北米地域(アメリカ・カナダ)で電気製品の安全性を確保した証明としてCUL規格を取得し『CUL LISTED LABORATORY EQUIPMENT 3EW3』としてリストされています。FDA(米国食品医薬品局)へも研究用測定器として、『FDA NUMBER C046832』で登録管理しています。
  ※本製品は医療機器ではありません


オーラルクロマに関するお問合せはこちらへ

総販売代理店 エフアイエス株式会社
担当:平野

〒664-0891 兵庫県伊丹市北園3-36-3
TEL 072-780-1800  FAX 072-785-0073
 info@fisinc.co.jp